清流庄川の鮎が準グランプリ獲得


全国56河川の鮎を食べ比べる「第19回清流めぐり利き鮎会」が、高知市で行われ、「清流庄川」の鮎が準グランプリを獲得しました。

生息する環境によって味が変わる鮎を食べ比べ、河川の環境改善に関心を持ってもらおうと、高知県友釣り連盟が毎年開催しているもので、庄川は今年初めて参加しました。庄川の自然環境が良い結果として評価されたと考えています。

今後も河川環境の維持向上に努めます。来年度の友釣りシーズンをお楽しみに!

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8

このページの内容のお問い合わせは

庄川漁業協同組合

>前のページに戻る